レーザー脱毛

レーザー脱毛

 

レーザー脱毛とは、メラニン色素の黒色に反応する波長を持っているレーザーの光を使うことによって行う脱毛方法です。レーザー脱毛で使われるレーザーの光と言うのは、メラニン色素が持っている黒色にのみ、レーザーを当てる事ができます。また、メラニン色素が持っている黒色のみに反応するレーザーの光を使うのには、皮膚の上からレーザーを当てても皮膚の中に在る毛根にレーザーを当てる事ができるからです。このときに熱が発生しますが、この熱を利用して、毛根を壊す事によって、その毛根から再び毛が生えてくる事がないと言うことが特徴です。

 

レーザー脱毛のメリットは、まず、メラニン色素の黒色を持っている濃い体毛などに反応がしやすいので、太い無駄毛が生えている場所の処理に効果的です。レーザー脱毛を行う女性は、よく処理をする脇毛に用いる事が多いようです。

 

次に、ニードルを使う電気脱毛などの施術で感じる痛みと比較しても、大変痛みが少なく感じる事ができます。痛みと言っても、施術者のレベルや施術される側の感じ方によっても違いますが、光が黒い部分に当たって熱処理を行う一瞬だけです。そして、エステサロンなどで使われているレーザー脱毛の機材は医療用レーザー脱毛と比較した場合、低出力でレーザー光線量が少なくってしまうので、医療機関のレーザー脱毛に比べると低価格に設定されています。

 

デメリットとしては、メラニン色素を含む黒色に反応するレーザー脱毛は、メラニン色素が薄い産毛などには剥いておらず、特に、肌の色自体が濃い場合はレーザー光線をあてても毛根部分に直接作用しにくく、効果が出ないこともあります。次に、レーザー脱毛は皮膚に当てるだけで内部にまで光が届くと言う効果があるので、顔に使用すると黒めに熱を与えかねないので顔の周りの処理は禁止されています。

 

そして、最後に、時間が掛かることです。ワックスでの除毛や脱色というのは、見えている体毛をすぐに除去する事ができます。しかし、レーザー脱毛の場合はレーザー光線を照射して毛根を壊す事が出来たとしても、その場で毛が直ぐ抜け落ちるわけではありません。その為、毛周期ごとにレーザー脱毛をする時期を合わせて一定期間レーザー脱毛を続けていくことが大切です。


このページの先頭へ戻る