電気脱毛

電気脱毛

 

電気脱毛(高周波タイプ)は、針を毛穴に差込むことで、毛根の先端や奥までに届かせ、毛乳頭部分にあるたんぱく質を凝固させて壊してしまう方法です。これは、毛乳頭の細胞を壊すのではなく、高周波によって固めて活動自体をとめてしまうのが特徴です。

 

メリットとしては、一度の電通時間が大変短いので施術時間を非常に短くする事ができます。他の脱毛方法に比べると、毛の再生率が低く、有効的な効果が期待できます。

 

デメリットしては、美容サロンやエステサロンで使用されているは電気脱毛(高周波タイプは)出力自体が低いので、毛乳頭の細胞をきちんと固まらせる事が出来ない場合も多く、一度の施術で処理できない割合が多くなります。また、電気脱毛で高周波を流すための時間は非常に短いですが、高い電流を使用するために皮膚が炎症を起こす事も有ります。

 

電気脱毛(電気や分解タイプ)も、高周波タイプと同じく極細のニードルを使い、毛乳頭や毛包といった部分に特別な電流を流します。細胞液がアルカリ性を発生しながら分解していきます。体毛はアルカリ性物質に弱いので、気乳頭がアルカリ性になることで脱毛と再生を防ぎます。

 

メリットとしては、毛穴から生える毛根のそれぞれに対して、しっかり電流を流す為、脱毛効果が高い事です。再生率も低く、夏までに何とかしたいと言った期限がある場合にも効果的です。

 

デメリットとしては、交流電流ではないので、一度の電通時間が長くなってしまいます。また、電通時間が長いので、強い痛みを感じます。そして、一本ずつ痛みを感じるので、陰部などと言ったデリケートな部分や脇の下の柔らかい皮膚の部分、そして、痛み自体に弱い人は続けて受ける事ができないと言った事も多いようです。


このページの先頭へ戻る