クリニックにおける脱毛レーザー

クリニックにおける脱毛レーザー

 

医療用のレーザー機器は、エステサロンのレーザー機器よりも強い出力を出す事ができます。レーザー脱毛で使われるレーザーは人工的な光なので、細胞活性化の役割も果たす事ができますが、脱毛をする為には出力は高くし、黒いメラニン色素に反応する光を使っていかなければなりません。そのため、医療用のレーザー機器は皮膚への影響も高いので、医療機関以外での医療用レーザーの使用は禁止されています。

 

医療用レーザーの脱毛は、まずクリニックでカウンセリングします。このときに、レーザーの種類、身体への作用、注意事項、希望箇所などについて説明を受けたりします。不安がある場合は、このときに聞いておきましょう。

 

料金としては、決まっていないものと考えてください。医療用レーザー脱毛は。基本的に保険診療にはならないことが多いので、自由診療の範囲として病院によっては施術に関する値段の設定が違っています。

 

次に、クリニックの脱毛施術は、一度で行われる時間自体は五分から十分ほどで行われますが、数週間から数ヶ月ごとに繰り返し行われます。長期間にわたって行われるのには、毛周期にあわせる必要があるからです。施術後には、レーザーによる熱やダメージを軽減する為に液体窒素などの冷却装置を利用する事もあります。

 

最後に、アフターケアでは、鎮静作用や保湿作用が高いクリームを処置後に塗り、自宅用に数日分渡すところが多いです。また、医療機関なので、施術後などに皮膚が赤くなったり腫れてしまったりするといった異常が見られることがあれば、すぐに相談するようにしましょう。


このページの先頭へ戻る