自己脱毛の基礎知識

自己脱毛の基礎知識

 

家庭でできる自己脱毛の方法には様々な方法があります。まず一つ目に、一時脱毛があります。これは、剃刀や除毛用クリームやワックスを使う事で、皮膚の表面にある無駄毛を処理する一時脱毛と呼ばれる脱毛方法があります。この一時脱毛は、一時的な無駄毛の処理なので1人でも簡単に出来るものが多く、家庭でできる無駄毛を処理する方法としては最も一般的な方法です。

 

しかし、一時脱毛は毛根自体を破壊したりするわけではないので、時間が経てば再び毛が伸びてきます。また、実際に毛を剃ると、毛が太くなってしまうと言う人がいますが、そのようなことはありません。

 

二つ目に、脱色して毛の色を薄くすることで見えなくすることや、三度ペーパーなどを使って体毛を擦り無駄毛を細くすることで短くして目立たなくさせるといった擬似脱毛があります。

 

この擬似脱毛は、一つ目の一時脱毛と同じで、人の目に見える無駄毛を処理する方法なので、時間がたてば無駄毛が目立ってくる場合があります。また、この擬似脱毛自体は、肌への負担が大きいので、肌が弱い人や敏感肌の人には不向きです。

 

三つ目に、家庭用脱毛器やレーザー脱毛などで、地毛を20%以下までに減らす永久脱毛があります。この永久脱毛では、自宅で簡単に行う事ができ、また、安全性が高い改定陽のレーザー脱毛器が人気の商品となっています。しかし、家庭用レーザー脱毛器は、医療機関用やエステ用で使われているレーザー機器と比べると出力が弱いものが多いので、効果が無い場合も有ります。また、使い方を誤れば皮膚に甚大な被害を及ぼす恐れがあるので、きちんと使用方法は守る必要があります。

 

そして、どの脱毛であっても自分で処理をするときの手順を守ることで、肌への負担を減らす事ができるので、きちんと守るようにしましょう。


このページの先頭へ戻る