かみそり

かみそり

 

剃刀のメリットで、まず挙げられるのが剃刀を使う事による手軽さということです。剃刀の購入場所は、薬局やスーパーもありますが、コンビニなどと言った場所でも発売されており、思い立ったときに直ぐに購入することが出来ます。また、電気剃刀を使う場合には、延びてきた部分だけを剃る事ができるので、大変便利だと言えます。

 

二つ目は、産毛などの短い毛にも対応できる事です。皮膚の表面に出ている部分の体毛を剃るので、少しだけ毛や産毛が伸びてきたことで気になるようになった場合でも、すぐに処理をすることが出来たうえに、他の方法と比較すると、細かい部分の産毛や体毛などを処理する事が出来るので、利用する性別としては女性の方が多いと言われています。

 

三つ目は、剃刀にかかるコストです。電気剃刀は最初の投資がお金がかかってしまいますが、電機剃刀以外の剃刀の単価は安く、何度も繰り返し使えるのが多いので、安く低もうすることが出来ます。特に露出する機会が多い夏や、常に見えている腕などを直ぐに剃申したい場合などに適していると言えます。

 

剃刀のデメリットとしては、まずは剃刀を使う事による肌へのダメージです。剃刀で低もうすると言うことは、無駄毛だけではなく、皮膚の表面にある角質も同時に削ってしまうことになります。角質を削ぎ取らないためにも、クリームや低刺激である石鹸を使う事で、剃刀の抵抗を減らし、肌へかかるダメージを少なくする必要があります。しかし、それでも角質を削り取ってしまうことは覚えておきましょう。

 

二つ目は、剃刀の衛生面についてです。剃刀は鋭い刃で作られており、その剃刀で無駄毛を処理するので、使い方を誤れば肌を傷つけたりしてしまう場合があります。また、同じ剃刀を何度も使えば、刃先についている雑菌が傷ついている皮膚から入り炎症などを引き起こしてしまう原因となります。

 

三つ目は、剃刀によって起きる毛穴の黒ずみやブツブツです。剃刀を使用する際、誤った剃刀を使い方をしてしまう事で、肌や毛穴などに強い刺激が加わり、鳥肌のようなブツブツが出来てしまったり、黒ずみになったりなどの原因になってしまいます。

 

除毛方法として、剃刀を使う前はクリームを肌全体へと塗ることで、剃刀の刃を滑り易くします。この時に、石鹸は肌へかかる負担が大きくなるので、クリームなどにする方が良いでしょう。除毛方法は、無駄毛が生えている方向に逆らわないように、肌へ刃を軽く当てて、ゆっくりと剃ります。

 

この時に、生えている無駄毛の流れとは逆に剃るという逆さ剃りをする人が多いかもしれません。しかし、逆さ剃りは毛穴を傷つけてしまう原因となるのでやめましょう。剃った後に行うアフターケアは、肌の乾燥を防ぐようにするために十分な保湿を行う事です。その際に、剃毛した肌は見えない傷がついているので刺激の強い保湿剤の使用は避けましょう。


このページの先頭へ戻る