Iライン脱毛のデメリット

Iライン脱毛のデメリット

 

Iライン脱毛は、Vライン脱毛や脇脱毛と比べても非常にデリケートな部分の脱毛であると言うことを、施術するのにあたって意識しなくてはならない重要なことです。Iライン脱毛は、なによりも粘膜に非常に使い所を施術するので、慎重なエステサロンなどをえらぶことがひつようです。また、Iラインは自分で処理を行うには限界がある部分です。

 

また、自己処理を行うときに脱毛ではなく剃ったりするのだと思いますが、そり続けることによって肌自身の防衛本能が働き、そのことによって皮膚自体が硬くなり、また、その部分が色素沈着を引き起こしてしまう原因となる可能性があります。

 

また、無理に自己処理でIラインを抜いたりして処理してしまうと、最悪の場合には炎症を起こしたり膿んだりしてしまい性器自体を傷つけてしまう事になりかねません。このようなデメリットがあるので、Iラインを脱毛する場合にはエステサロンやクリニックなどに脱毛をお願いする事をお勧めします。

 

そして、Iライン脱毛には、痛みが伴います。特に、レーザー脱毛などは、黒い部分に反応させてレーザーを当てる仕組みなので、脇や手足と言った脱毛よりも、痛みは強く感じます。痛みを例えるならば、太い針で刺されるような感覚ともいわれています。その為、痛みに弱いと自覚している人は、Iライン脱毛はお勧めできません。

 

最後に、Iライン脱毛は施術場所が施術場所なので、人に陰部を見せる必要がありますので、恥ずかしいと感じると思われます。


このページの先頭へ戻る