肌荒れ

肌荒れ

 

肌荒れの原因は、まず一つ目には剃刀を使ったことによる肌荒れあります。剃刀を使ったことによる肌荒れの原因には、剃刀を使うときに石鹸などを使って肌のすべりを良くしていなかったときや、無駄毛が気になるからと言って綺麗にそろうとして何度も同じ場所をそろうとすることによって、肌の角質は勿論のこと表皮まで削り取ってしまうからです。あまり表皮が削り取られ、未熟な細胞が顕わになってしまうと、未熟な細胞は乾燥に非常に弱い上に肌を守ると言った事ができないので、赤くなったり鮫肌になってしまったりと言った肌荒れを引き起こしてしまうのです。

 

二つ目に、乾燥による肌荒れです。乾燥による肌荒れは、肌がカサついたり、毛穴が開いてしまったり、皮膚に皺が増えたり、かゆみが出てきてしまったりします。乾燥による肌荒れには、脱毛後の肌が乾燥しやすい状態にあるのに、浴室などで脱毛するので、肌が潤っているように見えて、十分な保湿が行われていない事が多いためです。このときの肌の乾燥が進んでしまうと肌荒れの原因となるだけではなく、皮膚に皺やしみが出来易くなってしまう事に成ります。

 

三つ目に、薬品による肌荒れがあります。薬品による荒れには、皮膚のかゆみや腫れ、炎症が出てきてしまいます。この薬品による肌荒れの原因には、皮膚の表面に生えている無駄毛を溶かす際に、除毛クリームなどには強いアルカリ成分が含まれて居り、強いアルカリ成分は無駄毛と同じタンパク質の皮膚の表面までも溶かしてしまうからです。

 

四つ目に、アレルギー反応による肌荒れです。アレルギー反応による肌荒れの原因には、脱色や脱毛をすることで、角質層まで破壊されてしまっているので、薬品や保湿クリームなどの成分が肌の奥深くまで浸透し易くなっているので、このとき保湿クリームなどの刺激が肌にとって強すぎると、肌と身体の防御反応によるものです。


このページの先頭へ戻る