剃刀負け

剃刀負け

 

剃刀負けしてしまう原因として考えられるのは、泡立てたクリームなどの成分によるものでしょう。剃刀を使って剃る際に、泡立て物を使って剃刀が直接肌に当たらないようにする必要があります。しかし、市販されている石鹸の一部やすべりの良いジェルに含まれている保存料や香料といった肌に刺激を与える成分が多く含まれています。

 

そのため、剃刀で剃った後の皮膚は普段よりも刺激に対して敏感になっているので、石鹸やクリームなどが誤って皮膚に付着したままだと、剃った直後の皮膚は普段より敏感になっている分、皮膚に炎症や赤みなどと言った症状が現れてしまいます。

 

剃刀負けの予防と対策として、洗顔自体を見直してみる事と剃刀の選び方に気をつけましょう。

 

剃刀で剃ってみても、全く肌荒れを起こさずにすごしている人と、何度も剃刀負けをしてしまう人を比べたときに、剃り方や生活習慣自体も違っていたりします。

 

特に、洗顔では差が出易く、多くの女性はクレンジングと洗顔料の両方を使って洗顔をしている人が多いと思いますが、市販のクレンジングでは肌を乾燥させやすくしてしまいます。

 

そのせいで、常に肌が乾燥している状態になってしまい、保湿剤を使わなければ肌が突っ張るような感覚がしたり、粉が吹いてしまったりしてしまうことになり、続けて剃刀で処理をすることが出来なくなります。これは、男性にも言えることなので注意してください。男性の洗顔料の中でも洗浄力が強い洗顔料を使い続けていると、肌が乾燥して剃刀負けを引き出し易くなります。こうならない為にも、常日頃からできるだけ肌への刺激が少ない物を選んで使うことがポイントです。


このページの先頭へ戻る