火傷

火傷
火傷は、電気脱毛、レーザー脱毛があります。

 

電気脱毛での火傷の原因として考えられるのは、電気脱毛と言うのは電気を流す事で毛根の部分的な組織を電流で壊す事が特徴ですが、電流を流す事で、施術を行った毛穴や周辺の皮膚は少なくとも火傷を負った状態と同じ事になることだと思います。しかし、施術者の経験や体験者の体調や肌質などによって、酷い火傷を引き起こしてしまう場合も数多くあります。

 

この電気脱物火傷の予防としては、電気や針を使った方法をとる場合には、エステサロン安堵ではなく医療機関での施術が基本にするということです。これは、エステサロンには出来ない事ですが、医療機関では肌に少なからず起きる火傷に対しての炎症などの症状を抑える薬を処方してもらえるからです。しかし、施術には医師であっても技術を伴うので、電気脱毛による無駄毛の処理を希望するのであれば、適切な医療機関を選び、施術してもらえる医師の術歴などを自分で確認して確かめる事が、最も火傷に対しての予防手段でしょう。

 

次に、レーザー脱毛を行った際に起きる火傷の原因です。このレーザー脱毛を行った際に起きる火傷の原因として、レーザー脱毛は白人向けにあわせて開発されたものなので、開発されたばかりのレーザーを使うとメラニン色素が多く含む日本人の肌は火傷を負ってしまいやすかったからです。また、最近のレーザーであっても、レーザー自体が高い出力で毛根を破壊するために、皮膚の上から出力が強い照射を当てられるので、皮膚に多大な影響を及ぼす恐れがあります。そのために、角度や距離、冷却機器を一緒に使ったりする正しい使い方をしなければ、火傷などを起こし易くなるので、使用方法には注意する必要があります。

 

レーザー脱毛の火傷の予防としては、医療用のレーザー脱毛は出力が高く脱毛効果も高く、専用の冷却装置で表面を冷やしながら皮膚には熱がかからないように設定しているのでお勧めです。逆にエステサロンや家庭用のレーザー脱毛では、医療用レーザーほど出力が強くないので冷却装置がついていないことが多く、冷却する事ができないので、必ず使用する際には、冷却ジェルなどを用意しておく事が重要です。


このページの先頭へ戻る