アレルギー

アレルギー
アレルギーの原因には、薬品成分によるもの、金属アレルギー、光アレルギーがあります。

 

薬品成分によるアレルギーの原因として考えられるのは、そもそも、脱毛剤に含まれている強いアルカリ性物質が無駄毛と共に皮膚のタンパク質も溶かしてしまい、更には皮膚自体をアルカリ性傾向にしてしまうので、それらについている薬品の成分に反応する事によってアレルギー反応としての症状が現れると言う事があります。

 

次に金属アレルギーが現れる原因ですが、脱毛や除毛をした肌というのは肌を守る体毛がなくなりむき出しの状態になります。そのむき出し状態で、アクセサリーを着けたまま汗をかき、そのせいで金属をアレルギーとして身体が判別し、アレルギー反応を引き起こすと言われています。因みに、これは元々金属アレルギーではなかった人でも、脱毛や除毛を繰り返すうちに、アレルギーが発症してしまうと言うこともたまにあります。

 

そして、光アレルギーの原因ですが、このアレルギーは元々光に対してアレルギー反応を起こしてしまう人が、フラッシュやレーザーなどの光を扱う脱毛を行ってしまったときにアレルギー反応として出てきてしまいます。アレルギー反応が軽度の場合、かゆみや赤みなどと言った程度で済みます。

 

しかし、アレルギー反応が重度の場合、ひきつけを起こしたりして意識不明になる恐れもあります。元々、体質的に極僅かなアレルギーを持っている人は、普段の生活では問題になりませんが、脱毛機器による強い刺激は大変な自体を招く恐れがあるので、事前のテストを必ず行うようにしてください。


このページの先頭へ戻る