皮膚のトラブル

皮膚のトラブル

 

皮膚のトラブルは、サロンと自宅に分ける事ができます。

 

まず、サロンでの無駄毛の処理を受けるに当たって、特に気をつけておきたいことはアフターケアです。脱毛サロンやエステティックサロンでは、炎症や化膿といった傷に対する薬品の処方や処置をすることは出来ません。そのために、炎症や化膿などと言ったことが起きた場合に、どのような対応や対処を行っているのか脱毛サロンやエステティックサロンで脱毛する前に確認しておく必要があります。

 

場合によっては、処置後、数時間〜数日経って状態が悪化しなければ大丈夫と言うこともありますが、その経過を見る間に酷くなってしまう事もあります。何か症状が出たときに慌てない為にも、処置後にどのような反応が出てしまう事があるのか、脱毛をする前にしっかりと説明を受けておく事が大切です。

 

また、サロンでも電気やニードルでの脱毛処理を行っているところがあります。しかし、鋭い針を使用する電気やニードルの方法は、基本的に医療機関以外での使用は避けるように通達されているので気をつけましょう。何故ならば、梁と言う器具の衛生管理や感染症の予防が万全でないと言うのも大きな理由の一つですが、使い捨てではない針の先端より毛穴や周辺の皮膚に傷をつけてしまうことによって重大な疾患に繋がる可能性があるのです。また、針以外でも器具の扱いや衛生面に関して、もしも不安点がある場合にはその都度ずつ確認しておく事は重要です。

 

自宅での皮膚のトラブルは、主にケア不足です。処置をした後の肌は、非常にデリケートな状態です。処理を行った皮膚表面に出来た細かい傷や角質が剥がれてしまった部分から雑菌が入りやすい状態になっているので、脱毛当日は入浴は避け、シャワーで洗い流します。また、プールや温泉などの公共の施設では行わない事がお勧めです。


このページの先頭へ戻る