脱毛後のケア

脱毛後のケア
脱毛後の肌というのは、一見綺麗な状態のように見えます。しかし、脱毛や除毛のどんな方法を使っても、肌へかかる負担は避けることが出来ません。しかし、肌へとかかる負担を軽減する事はできますので、しっかりとアフターケアをする事を覚えておきましょう。

 

まずは剃刀の脱毛後のケアです。剃刀の処理では肌の角質が削ぎとられてしまっている部分があるので、アフターケアに使う保湿剤には美容液や香料などと言った肌への刺激が強いものは避けましょう。あまりに肌への刺激が強すぎると、アレルギー反応や肌荒れを起こしてしまう原因になってしまいます。アフターケアに使う保湿剤には、低刺激の保湿剤か冷やしたタオルを暫く処理ほどこした肌に当てておく事がよいでしょう。

 

次に、レーザー脱毛です。レーザー脱毛を行った後の肌は、紫外線を吸収し易く、万が一紫外線に当たってしまうと火傷のような状態になってしまうので、最低二週間から三週間は紫外線を浴びてはいけません。また、そのためには脱毛した肌は露出してはいけず、小まめな保湿も執拗です。

 

除毛クリームやワックスなどは、強いアルカリ性の成分が含まれている薬剤を使うので、肌に残らせない為にも、きちんと洗い流すようにしてください。洗い流すときには、タオルで擦ったり、熱いお湯を肌にかけたりするなどと言った肌に刺激を与えるような事は避けましょう。

 

最後に、電気脱毛ですが、電気脱毛は毛穴に針を差し込むので毛穴の内部が傷ついてしまう上に、強い電気を流すので周囲や毛穴が火傷してしまったりします。そのために、医療機関では、電気脱毛を行うときには火傷をしてしまった部分を急速冷却する措置が取られています。


このページの先頭へ戻る